ワインの敵ワイン通販紀行

ワインの敵


まずはワインにとって良くないことを説明します。なぜ、このことを知っておかなければならないかと言うと、ショップを選ぶ際の基準になるからです。

そして購入後すぐに飲まない場合は保管をきちっとしなければなりません。つまり、ワインの保存方法がしっかりとしたショップを選び、自分自身の保存もしっかりとしたものにしたほうが良いからです。

ワインの敵と言えばまずは乾燥です。湿度が低いとコルクが乾燥してしまい微生物が進入しやすくなってしまいます。コルクが抜きにくくなるだけではないのです。湿度は70%ぐらいが好ましいとされています。

次に温度です。ワインの保存温度は基本的には10度から14度くらいです。温度が高ければ早く熟成し、変質してしまいます。逆に低すぎると熟成が止まってしまいます。もちろん温度変化が少ない場所が適しています。

次はです。ワインボトルが透明でない理由はこのためです。太陽の光はもちろん蛍光灯の光さえもよろしくありません

ニオイも気をつけるポイントです。ワインにニオイが移り、香りが失われてしまいます。

最後に振動です。振動は熟成を早めてしまいます。早く進めすぎると劣化の原因になりますので気をつけるべきです。

最低限、これらのことが守られているショップで購入すれば、ワインに気を使っているショップだと言うことが判断できます。そして自分自身でも保存方法をしっかりとしたものになると思います。是非、参考にしてみて下さい。

保存 ワインの敵 ワインセラー
ワイン専門店
ワイナリー和泉屋 松澤屋
ワイン・イン・スタイル ワインショップ・イーエックス
オーダーチーズ プロの道具屋さん



ワイン通販紀行